観劇感想を中心に日々雑感を語ってみる。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
blog list
mail
<< あれこれ | main | ルルドの奇蹟 >>

♯ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

♯ 生きている小平次

@歌舞伎座

周囲で評判が良かったので幕見に行ってきました。
幸四郎さん、染ちゃん、福助さんの3人とも非常に達者で、台詞回しや演出がやや現代的だったこともあり、歌舞伎修練度がまだまだ未熟者の私にも見やすく理解しやすい作品でした。
思ったよりもコミカルな部分があったのですが、それが相乗効果で人間の愚かしさや恐ろしさを増幅していた気がします。本当に怖いのは幽霊よりもその周囲の人間だよなぁと、歌舞伎で怪談?物を見る度に思ってしまうのでした。
しかし、一番罪深くて恐ろしいのは無邪気で愚かしいおちか(福助さん)だった気がする…。

芝居とは関係ない部分の客席トラブルが恐怖を倍増させてくれました。
怒る理由(ありえないボリュームの携帯音というか防犯ブザーレベルの音)は理解できるし、歌舞伎をとても好きな方なんだろうなと想像はできるのですが、昨今の世情で「次にやったらぶっ殺す」って言葉は洒落になりません…。歩き回りながら言ってるのがすぐ後ろで聞こえて本当に怖かったです。
| お芝居(歌舞伎) | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ スポンサーサイト

| - | 23:37 | - | - | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACK
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS